• SATSUKI

【読書感想】医師や薬に頼らない!すべての不調は自分で治せる

こんにちは。いつも訪問ありがとうございます。



最近、自分の性格や思考パターンを把握するようにしています。



そのおかげでしょうか。最近、出会う人のタイプが変わったり欲しい情報がすんなりと手に入ることが増えました。



これがうわさの引き寄せ…?とそわそわ。



今なら宝くじ当てられるかも!と思いながら今回はこちら。



医師や薬に頼らない!すべての不調は自分で治せる

著者:藤川徳美

出版社:方丈社

出版年月:2019.12.12



さっそくいきまーす

自分の健康は自分で管理しよう

医師の立場で「医師頼らない!」というこの方は、広島で心療内科クリニックの院長、藤川さん。



うつ消しごはん分子栄養学に関する著書が多いです。



今回の本は、今まで説明した内容を分かりやすく説明した入門書。



とはいえ、生化学の話がでますので(ミトコンドリア、ATP、クエン酸回路)生物を習った高校生以上が読みやすいかな?と思います。



医療者なら大丈夫!なはず…。はず…。

質的栄養不足な世の中

現代は糖質を過剰摂取しているものの、たんぱく質やミネラル、ビタミン、鉄などが不足している。そのため、十分なからだづくりができずに不調につながるということ。


細胞の原材料のたんぱく質と、代謝に必要なミネラル、ビタミン、鉄などをしっかり摂取して、糖質は許容範囲内でいこう!ということが述べられていました。


ちなみに栄養摂取をすべて食事から補うには大量に食べないといけないです。



たんぱく質の必要量は体重×1gですが、これはたまご6~7個分。…多くないですか?

とはいえプロテイン選びには注意

プロテインはホエイプロテインをおすすめされていますが、お腹が繊細な私たちは乳糖フリーのWPIタイプを選んだ方がよさそうです。



私は最初にプロテインバーをおやつ感覚で食べて、少しずつお腹を慣らしてからプロティンを牛乳に溶かして飲んでいました。



牛乳に関しては平気なので、今はお財布と相談して主流のWPCタイプのものを摂取しています。筋トレしているので飲まないと調子がいまいちなんですよねー。おやつに、朝食におすすめ。


からだラブ&ピースな世界を目指して

自己治癒力を高めるというと、怪しい雰囲気を感じますが



基礎代謝を上げるというと、ポジティブに感じます。



いまだに原因不明であったり治療法が困難な病はたくさんありますが、まずは自分のできる範囲で、できることをする。



細胞の原材料のたんぱく質やエネルギーを作るのに必要なミネラル、ビタミン、鉄分などをしっかり摂取。



エネルギーを作る効率が悪い炭水化物は許容範囲内でとどめる。



これが、今の健康法。



10年後には違う健康法がでるかもしれませんが、今は今でできることをやっていくしかないかなと思います。



情報は探せば見つかりますが、必要な情報を精査する目は大事。



学術論文や本から得るのが一番かなと感じます。



なので、低FODMAPのレシピをたくさん開発してきれいなスタイリングで本を出版するのが私の目標です!医療系解説本のレシピをときめかせたいのです。



まだまだこれから。



明日は下準備。台所にこもりますー。



おしまい。


7回の閲覧
  • IBS,FODMAP,筋トレ、坂道
  • 日常
  • ホワイトInstagramのアイコン